【随時更新】Yahoo!プロモーション広告、スポンサードサーチにおける #アドバンスドURLシステム 移行に伴う変更点まとめ

      2016/04/25

(4/25 更新)
Yahoo!プロモーション広告のスポンサードサーチにおいて、2016年4月より「アドバンスドURLシステム」の提供開始がアナウンスされています。
下記の通り特設サイトも設けて情報発信をしており、4月を目前に情報が徐々に揃ってきています。

スポンサードサーチ「アドバンスドURLシステム」移行のご案内 - Yahoo!マーケティングソリューション
http://topics.marketing.yahoo.co.jp/ss/advanced-url/top.html

当たり前といえば当たり前ですが、基本はGoogle アドワーズの「改良版 URL 管理システム」と同等の仕組みの提供となりそうです。
改良版 URL 管理システムについて - AdWords ヘルプ
https://support.google.com/adwords/answer/6049217?hl=ja

こちらのエントリーでは、Yahoo!プロモーション広告のお客様サポートセンターの公式ツイッターアカウントが発信している変更点をまとめていきます。

目次

変更点

「表示URL」と「最終リンク先URL」、 「スマートフォン向けURL」のドメインの一致が必要

「表示URL」の入稿可能な文字数を、29文字から255byteに変更

文字数のカウント方法を変更

文字数の上限数の変更

↑Google アドワーズと一緒になりましたね

日本語ドメインのURLが使用可に

「アドバンスドURLシステム」に対応した広告管理ツールのインポート機能の提供は予定なし

↑これ、困る気ががが。。→キャンペーンエディターの使用が基本となるようです。

システム提供開始前に作成した手動&「一度のみ」のスケジュール作成レポートの削除

「レポートの表示」リンクを削除

テンプレートを元に作成されたレポートは、レポート一覧の「作成者」列に「テンプレートから自動生成」と表示されるようになりました。

「新規テンプレートを作成」時に「集計期間」から『日付を選択』と『月を選択』の指定を削除

「フィルターをかける」で設定できるのは「表示項目」にて選択した項目のみに

FAQ

Q:YDNのリンク先URLについても、スポンサードサーチと同様の移行手続きが、必要となる予定ですか?

Q:「スポンサードサーチ」タブで配信しているインタレストマッチの広告についても、リンク先URLを再設定する必要はありますか?

Q:広告効果測定ツールを利用している場合、ツールから生成した広告効果測定用のURLをトラッキングURLに設定して移行を行うことは可能ですか?

Q:表示URLと最終リンク先URL、スマートフォン向けURLのドメインが一致していない場合、エラーや警告は表示されますか?

Q:表示URLと、最終リンク先URL、スマートフォン向けURLのドメインは、具体的にどこまで一致させる必要がありますか?

↑開示してください。。→結局Google アドワーズと一緒でしたね。

Q:アドバンスドURLシステムの導入により、既に設定されているコンバージョンタグに影響はありますか?

Q:アンカータグ(#)が含まれるリンク先URLを設定しているのですが、現状のままのURLを最終リンク先URLに設定できますか?

移行スケジュール

※随時更新

プッシュ通知で更新を受取る

Facebookであとでみる

 - Yahoo!プロモーション広告, スポンサードサーチ