AdWords、RLSA がカスタムパラメータに基づいたリマーケティングリストに対応

   

検索広告向けリマーケティングリスト(Remarketing List for Search Ads (RLSA))がカスタムパラメータに基づいて作成されたリストにも対応するようになっています。これにより例えば、「10,000円以上購入者」などより高度なリストを用いてリマーケティング広告を配信することが可能となっています。

カスタムパラメータとは

リマーケティング タグ内に実装できるキーと値のペアで、サイト訪問者の高度なカテゴリ分けを行い、入札単価や広告のカスタマイズに利用することができます。カスタム パラメータで設定したパラメータと値は、タグを通して AdWords アカウントに送信され、リマーケティング リスト作成時に利用することができます。
引用元:タグ設定とリマーケティング リスト作成の高度な戦略 - AdWords ヘルプ

カスタムパラメータを使用したリストは、Google Dynamic Remarketingが代表的ですが、以下のようにリマーケティング用のタグにパラメータの項目を設け「’REPLACE_WITH_VALUE’」の部分をページ毎に動的な値を出力することによって、ユーザーがウェブサイトで閲覧した商品またはサービスの ID、閲覧したページの種類(ショッピング カート ページなど)、商品アイテムの合計額の収集などのサイト訪問者の情報を動的にAdWordsへ送信し、より高度なリストの作成に適用することが可能となります。
※カスタムパラメータは業種毎に異なります
「業種に合ったカスタム パラメータを確認する」動的リマーケティング タグをサイトに追加する - AdWords ヘルプ

custamtag

活用例

例えば、商品の価格とページ タイプをタグ経由で送信することで、10,000円以上の価格の商品を購入したユーザーのリストを作成することができます。
custamtag2

ただし、組み合わせリストついては現時点では対応しておりません。
特にコンバージョンオプティマイザーを活用する際などには、特定のユーザーを切り離すというよりは、シグナルを与える意味合いで、キャンペーン内で配信対象の可視化を図ることが有効かと思われます。

具体的な設定方法は以下のヘルプページをご参照ください。

タグ設定とリマーケティング リスト作成の高度な戦略 - AdWords ヘルプ

動的リマーケティング タグをサイトに追加する - AdWords ヘルプ

Parameters - AdWords Remarketing Tag — Google Developers(カスタムパラメータの一覧)

プッシュ通知で更新を受取る

Facebookであとでみる

 - Google AdWords, 検索広告向けリマーケティング(RLSA) , ,