AdWordsスマートフォンの検索広告の広告文 2 行目に代わり、広告表示オプションの内容が表示されるように

   

AdWordsモバイル2行目

AdWordsのモバイル検索広告(スマートフォン)にて、2014年10月15日より、広告文2行目に代わって、広告表示オプションで設定した情報が表示されるようになりとのアナウンスがありました。広告文2行目は、掲載結果予測の良し悪しに従って、表示される場合とされない場合があるとのことですが、またしても出稿側でコントロールできない仕様での大きな変更かと思います。

Inside AdWords-Japan: モバイル検索広告の表示方法が変更になります

先日追加されたコールアウト表示オプションのほか、「住所表示オプション」「サイトリンク表示オプション」が広告文2行目に変わって表示される内容となるとのこと。
冒頭のキャプチャの通り、1行目の末尾の表示が「…」となり代わりに表示オプションが表示されています。
さらにヘルプページでは他の形式も例として挙げられています。
AdWordsモバイル2行目_2

Googleの推奨対応は次の通り。

最も重要な情報を広告見出しや広告文の 1 行目(広告文 1)に盛り込みます。
関連するすべての広告表示オプションを有効にして、ユーザーが情報を簡単に探せるようにし、クリック率を高めます。
モバイル向けの広告を使用して、外出先でもユーザーが簡単にアクションを起こせるようにします。モバイル検索ユーザーにとって広告の関連性が高いほど、良い結果が得られるはずです。

2014年10月15日からはモバイル テキスト広告の最適化を無効にすることも可能とのことです。
(参考:モバイル広告の種類 - AdWords ヘルプ)

こう思う

表示される広告文がコントロールできて当たり前の状態からすると、エンハンストキャンペーンへの移行から続く現在の流れに違和感を持つ方も一定数いらっしゃるかとは思いますが、僕はなるべくしてなっている流れなのかなぁと考えます。「住所表示オプション」なんかは最たるもので、携帯端末で位置情報とタイミングと内容が掛け合わさることで効果を発揮する表示オプションです。
これらのタイミングはユーザーにより差異があり、出稿側で先回りして最適な設定を行うのは非常に大きな労力を要し、その労力に対して相応の効果を得られるかはかなり疑問です。もちろん、すべての広告主にマッチした方法であると断言することはできないですし、実際そうではないでしょう。

ただ、誰にどの表示オプションを出すかについては人間が判断する内容ではなく、そこに労力を使うよりは、限られた文字数・表示オプション機能で「誰に」「どの情報」を出せるよう用意をしておくかのほうが重要ではないかと考えています。

個人的には、リスティング広告は限られた文字数の中だからこそチャンスがありここまで市場規模も伸びてきたプロダクトだと思っています。さらなる制限はこの市場をより面白く魅力的なものにすると思えて仕方がないのです。

プッシュ通知で更新を受取る

Facebookであとでみる

 - Google AdWords, スマートデバイス, 広告表示オプション , , , ,