Yahoo!スポンサードサーチに自動入札設定の機能追加へ(AdWords入札戦略との比較) - SEMHACKs

Yahoo!スポンサードサーチに自動入札設定の機能追加へ(AdWords入札戦略との比較)

   

【スポンサードサーチ】自動入札設定の機能追加 | サポート情報 | Yahoo!プロモーション広告

2014年7月5日(土)(予定)に、Yahoo!プロモーション広告のスポンサードサーチに自動入札設定の機能が追加されるとのリリースが出ています。

自動入札設定の種類

任意のキャンペーンまたは広告グループに対して次の5種類の自動入札タイプが選択可能。

  • 検索結果ページの目標掲載位置
  • クリック数の最大化
  • コンバージョン数の最大化
  • コンバージョン単価の目標値
  • 広告費用対効果の目標値
  • AdWordsの入札戦略ツールとの違い

    自動入札

    ※Yahoo!リリースノート提供の一覧に独自に加筆

    多少の仕様の違いはあるものの、Google AdWordsの入札戦略ツールに既に実装されているものと同様の機能です。「コンバージョン数の最大化」機能はAdWordsでは拡張CPC(eCPC)が該当します。

    また、AdWordsのいくつかの入札戦略では上限入札単価の上限・上限が設定できますが、スポンサードサーチの自動入札設定の機能では入札価格の上限のみを設定できるとのことです。

    ※関連記事はこちら
    入札戦略 関連記事一覧: | SEMHACKs

    まとめ

    AdWordsでは、「一部の入札戦略では、広告のオークションが発生するたびに、デバイス、ブラウザ、地域、時間帯といったリアルタイムの情報をもとに入札単価を調整」することが可能です。本リリースでは、「何をもって調整するか」の記載がないようですが、透明性と精度の点に期待したいと思います。

    プッシュ通知で更新を受取る

    Facebookであとでみる

     - Yahoo!プロモーション広告, スポンサードサーチ, 自動入札設定