AdWords、RLSA (検索広告向けリマーケティング)で自動入札機能を適用可能に。

      2014/06/23

6月23日より、Google AdWordsの検索広告向けリマーケティングリスト(RLSA)に対して自動入札機能を適用できるようになるとのアナウンスがありました。

適用の手順は、下記の通りです。
1) まずキャンペーンレベルで自動入札機能を適用させ、その後ユーザーリストタブにてRLSAを適用させます。
RLSA

2) その後、「入札単価のみ」の適用をしていただくと、正常に自動入札機能が働き、リストのパフォーマンスを予測して入札を自動調整します。
入札単価のみ

なお、利用可能な入札タイプは、コンバージョンオプティマイザー目標コンバージョン単価目標広告費用対効果(ROAS)のみとなっており、拡張CPC は今後対応予定とのことです。

「リストのパフォーマンスを予測して入札を自動調整します。」とありますが、まだ詳細はわかりません。
これは、あくまで個人的な予測になりますが、先日の記事でも触れているとおり、Googleはサイト設置しているタグからあらゆるシグナルを取得し配信に役立てており、本機能でもサイト訪問履歴を何らかの係数で用いて、自動入札機能の精度向上に活用することも考えられます。
単純に、ユーザーリストの入札単価調整比を併用した自動入札が可能となるだけかもしれません。(キーワードの入札単価に加えて、ユーザーリストの入札単価調整比の変更が自動化であれば非常に高度だと思われますが)

RLSAについてはこちらの記事も参照してみてください。

[AdWords]検索にもリマーケティングリストを活用!『Remarketing List for Search Ads』
[AdWords]検索広告向けリマーケティングのリストが通常のリストに比べ少ない理由【重要】

プッシュ通知で更新を受取る

Facebookであとでみる

 - Google AdWords, 検索広告向けリマーケティング(RLSA)