Google+ ページへの投稿を活用した「+Post Ads」の設定方法 - SEMHACKs

Google+ ページへの投稿を活用した「+Post Ads」の設定方法

      2014/05/04

Google  で、もっとつながる。  Google

先日ご紹介したGoogle+ 投稿広告が「+Post Ads」として正式にローンチしすでに設定が可能となっています。ソーシャルコンテンツをGoogleディスプレイネットワークへ掲載できる広告へ簡単に変換することができる掲載手法です。
まだ実際の配信にであったことはありませんが、まずは設定方法を解説します。

まずは掲載条件をチェック

・Google+ ページに 1,000 人以上のフォロワー
・投稿頻度が高いこと (48時間に1回以上の投稿が望ましい)
・「共有のおすすめ情報」機能をオンしていること
・訴求する広告の内容が美容、ギャンブルなどの掲載制限のある商品やサービスではないこと

フォロワーが1,000人以上というのがまず大きな壁となります。当然当ブログのGoogle+ページは規定に達しておりません。。

+Post Adsの設定方法

キャンペーンを作成

G+PostAds

[ディスプレイネットワークのみ]の新しいキャンペーンを作成し、キャンペーンの[タイプ]は[エンゲージメント]を選択します。

広告の作成

G+2

エンゲージメント広告のギャラリーから[Google+ ページのコンテンツをウェブに投稿する]を選択します。

G+3
Google+ページを選択します。当ブログのGoogle+ページ(https://plus.google.com/+Semhacks1984/posts)の場合は[+Semhacks1984]を入力します。(+ は、なくてもいいみたい)

広告対象とするGoogle+ページでの投稿を選択します。(最新50投稿まで選択可能)
任意の記事を選択する他、常に最新の投稿を宣伝に使用することも可能です。

また、[カスタマイズ]でコメント表示することも可能ですが、「Googleは不適切または攻撃的なコメントが投稿されるキャンペーンを停止する権限を有しています」とのことで、十分に注意が必要となります。

サイズは、300×250、160×600、728×90、320×250、の4サイズとなります。
プレビューを確認しながら任意のサイズを選択したのち、[プレビューを確認して保存]をクリックします。
(広告はすべてHTML5で作成されていました)

まとめ

+Post Adsは、マウスオーバーして2秒後にエキスパンドした時点での課金となるエンゲージメント課金(CPE)のメニューです。
どのように活用していくか、目的とゴールを明確にしておかないとただやるだけで終わってしまう印象です。

また、「御社のマウスオーバー広告がウザいんですけど」と聞いてみた | 日刊SPA!という記事にもあるように、やはり前提としてはユーザーに利益となる必要があると思います。

Google+とGoogle検索には関係性があり、広告経由でトラフィック、+1が増えることの影響度合いがどの程度まで広がっていくのでしょうか。
SEO担当者が知っておきたい、Google検索とGoogle+の関係::SEM R (#SEMR)

プッシュ通知で更新を受取る

Facebookであとでみる

 - Google AdWords, Google Display Network(GDN), Google+