Google+ 投稿広告がリリース。Google+ で投稿内容をGoogle ディスプレイ ネットワーク上に掲載

   

blog-European Parliament
Inside AdWords-Japan: Google+ 投稿広告のご紹介

昨年 12 月に一部の広告主に提供を開始したGoogle+ で公開した画像や動画などのコンテンツを、エンゲージメント広告として Google ディスプレイ ネットワーク上に掲載することが可能なGoogle+ 投稿広告一定数以上の Google+ フォロワー持っているすべての広告主に対し提供開始となりました。

現在、ハングアウト オンエアのプロモーションと、最新投稿の自動プロモーションの 2 つの新機能をテスト中とのことです。

ハングアウト オンエアをウェブ上で告知

Google+ 投稿広告では、ハングアウト オンエア イベントを宣伝する機能をテストしています。この機能を利用すれば、ハングアウト オンエアの実施前、実施中、実施後というタイミングに応じて、ユーザーに適切な行動を促すことが可能です。

例えば Google+ 投稿広告を見たユーザーは、イベントの実施前であれば出欠登録をしたり、実施中であればイベントに参加したり、実施後であればその録画を視聴することが可能です。

ASOS は、世界的なアクティブウェア ブランドの協力のもと揃えた商品ラインナップをユーザーが確認し、買い物ができるハングアウト イベントを開催しました。ASOS は Google+ 投稿広告を通じ、ユーザーにイベントの存在を知らせ、参加を促すことに成功しました。生で視聴したユーザーの 71% は、Google+ 投稿広告経由での参加となりました。

最新の投稿を自動的に宣伝

ユーザーが皆様のブランドに興味をもった瞬間を全て捉えることは簡単ではありません。Google+ 投稿広告では、最新の投稿を自動的に宣伝し、皆様のソーシャル コンテンツをウェブ上に広める機能もテストしています。料金が発生するのは、エンゲージメントが発生した時のみです。

同様のサービスはやはりFacebook広告のニュースフィードに掲載さえるものがありますが、大きな違いはFacebook広告はFacebook内への掲載ですが、Google+はディスプレイネットワークへ広く配信を行うことが可能です。

プッシュ通知で更新を受取る

Facebookであとでみる

 - Google+