リスティング広告の運用は「斬り覚えよ」。

   

medium_107089070

いきなり物騒なタイトルですみません。
「どうしたらリスティング広告の運用力を向上させられますか?」という疑問をお持ちのリスティング広告を始めたばかりの方も多くおられるのではないでしょうか。
リスティング広告の運用スキルを高めるにはどうしたらよいのでしょうか。

「斬り覚えよ」

これは、江戸時代に隆盛した一刀流剣術の祖である伊東一刀斎が弟子に向けての最後の教えの言葉です。
バガボンドなんかを読んでる人はわかると思いますが、宮本武蔵をはじめ剣豪たちは斬って斬って斬りまくって剣術を学んでいったのです。
無数の実践の中でしか戦い方は学べないのです。

また、伊東一刀斎の弟子の小野忠明(神子上典膳)は次のように述べています。

「とかく兵法と申すものは、腰の刀を抜いての上でなくば、論は立てませぬ。坐上の兵法は畠の水練でござる」

つまり、「兵法(戦い方)は、実践の場でないと意味がない。理屈ばかりでは、畑の中で水泳の練習をするようなものだ」ということです。

リスティング広告に限ったことではありませんが、やはり実践で学ぶ・場数を踏む、これに勝る能力向上の方法はないと考えています。また、実践に即した戦い方を前提にするからこそ、戦い方(運用手法)に価値が生まれるのですね。

※歴史の部分、誤りありましたら教えてください~

プッシュ通知で更新を受取る

Facebookであとでみる

 - リスティング広告