[AdWords]インタレスト カテゴリに新セグメント「購買意欲の強いユーザー(ROI)」登場 - SEMHACKs

[AdWords]インタレスト カテゴリに新セグメント「購買意欲の強いユーザー(ROI)」登場

      2013/12/16

購買意欲の強いユーザー(ROI)

以前、Google AdWordsのインタレストカテゴリ(特定の興味・関心をもったユーザーをターゲット)において、『アフィニティカテゴリ(リーチ)』をご紹介しましたが、今回は『購買意欲の強いユーザー(ROI)』がひっそりと登場していますのでご紹介。

アフィニティカテゴリについては、以下の記事も参照してみて下さい。

[AdWords]新機能?「アフィニティーカテゴリ」なるものが出現。
[続報][AdWords]インタレストカテゴリとどう違うの?『アフィニティカテゴリ』についての公式ブログポスト

名前の通りですが、アフィニティカテゴリがリーチを重視しているのに対し、「購買意欲の強いユーザー」はROIを重視したカテゴリ郡のようです。

ROIとは

投資効果を利益ベースで表す指標が「ROI」(Return on Investment:リターン オン インベストメント)です。ROIは、次のように計算すします。

ROI=(コンバージョン数×平均利益単価-コスト)÷コスト×100(%)

 

下記のカテゴリ詳細を見ていただくと、家電関連や不動産、自動車など、商品を買うことを目的に比較検討のためにネット閲覧される頻度が高い傾向にある商品カテゴリとなっているようですね。

まだ一部のアカウントにテスト実装の段階のようです。(2013/12/16現在)

 

キャンペーン管理 (2)

プッシュ通知で更新を受取る

Facebookであとでみる

 - Google AdWords, インタレストカテゴリ