[Yahoo]「医療広告ガイドライン」更新に伴い、広告掲載ガイドラインを変更 - SEMHACKs

[Yahoo]「医療広告ガイドライン」更新に伴い、広告掲載ガイドラインを変更

      2013/12/10

厚生労働省による「医療広告ガイドライン」の更新に伴い、Yahoo!プロモーション広告をはじめYahoo! JAPAN広告掲載基準を一部変更とのリリースがありました。
「医療広告ガイドライン」更新に伴う広告掲載ガイドライン変更のお知らせ | サポート情報 | Yahoo!プロモーション広告

概要は以下のとおりです。

・ 適用開始日:
2014年1月6日(月)
*日程は変更になる場合があります。
*すでに承認済みの掲載内容については2014年2月3日(月)以降に適用されます。

・ 変更内容:

(5)医療法および医療広告ガイドラインで規定されている内容を遵守していること

<禁止される表現例>
・手術前後の写真等による治療効果(広告できない事項の暗示的表現)
・著名人が当該医療機関の患者であること(優良誤認とされる広告)
・他の医療機関と比較して優良であること(比較広告)
・患者の体験談を紹介すること(客観的事実であると証明できない広告)
・費用を強調すること(品位を損ねる内容の広告)

医療、美容系のサイトで当たり前のように使用されているBefore/Afterやお客様の感想といった定番コンテンツが「医療広告ガイドライン」の更新に伴い、クリエイティブからのリンク先のサイトについても広告として取り扱われることになったのです。

 

ルールを理解して知恵を活かそう

今回の変更に限らず、他社の作った広告配信の仕組みを利用している以上、その仕組みのルールの中でしかプロモーションを行うことは出来ません。
逆に言えば、そのルールの中で他社と差をつけるものは、人の思考や知恵、アイデアによるのではないかと思います。

その土俵に立つためにも最低限の知識や情報は常に取得できるようにしておくのがいいですよね。それでこそ、知恵やアイデアを活かすことができるのではないでしょうか。

<参考リンク先>

「医療広告ガイドライン」厚生労働省

http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/kokokukisei/dl/shishin.pdf

 

プッシュ通知で更新を受取る

Facebookであとでみる

 - Yahoo!プロモーション広告