Googleの利用規約改定によりプロフィール名や写真を広告利用へ - SEMHACKs

Googleの利用規約改定によりプロフィール名や写真を広告利用へ

   

利用規約の更新情報 – ポリシーと原則 – Google

Googleの利用規約が2013年11月11日に変更となりるとのことです。変更点は次の 3 つのようです。

  • プロフィール名と写真が Google サービスでどのように表示されるかについてです(レビュー、広告、その他の商業的コンテキストなどでの表示)。
  • モバイル端末を安全に使用するための注意事項です。
  • パスワードを秘密にしておくことの重要性についてです。

このうち最も重要となるのが、プロフィール名と写真が広告などに使用されるようになる、というものです。AdWordsにもGoogle+でのプロフィール名や写真が出てくるのでしょう。

第三者機関の評価より身近な誰かの評価

profile

プロフィール名と写真が表示される広告にFacebookの「Sponsored Stories」というものがあります。『○○さんが□□について「いいね!」と言っています』と表示されているのを見たことがあるかと思います。

以前、AdWordsで第三者機関のレビューを表示できる機能「レビューエクステンション」 をご紹介しましたが、第三者機関の評価よりも友達や知り合いなど身近な誰かの評価の方を重視する傾向なのだと思われます。

(参考)[AdWords][ベータ版]第三者の評価を広告に表示『レビューエクステンション』| SEM HACKs

 

オプトアウトの方法は?

Googleはユーザーに対し、Google広告へのこれらの表示は「Shared Endorsements」からオプトアウトが可能です。下記のような問題を回避するためなのですね。

Sponsored Storiesをめぐる訴訟は先頃、2000万ドルで和解が成立している。Shared EndorsementsがSponsored Storiesと同じ道を歩むとすれば、Googleはすぐに米連邦取引委員会(FTC)の監視対象になる可能性がある。Googleが注意事項を明記し、オプトアウト可能にしたのは、訴訟から守るための手段を提供する狙いがあることは明らかだ。

(引用元)グーグル、サービス利用規約の変更を発表--プロフィール名や写真の広告利用を説明 - CNET Japan

 

重要度を増すソーシャルシグナルの活用

現在でもAdwordsのディスプレイ広告での「ソーシャル設定」では +1 ボタンと +1 情報を含めるかが選択可能となっているほか、「広告表示オプション」でGoogle+ ページのフォロワー数を広告に表示がありますが、大きな影響力を持つケースはほとんどないかと思います。

ここに身近な個人名とアイコン写真が表示されることの影響力は非常に大きなものになるのだと予想されます。

逆に言えば、ソーシャルシグナルを活用できていない企業は、活用している企業に比べて遅れをとってしまうでしょう。まずは活用できる状況を作ることがAdWords上のスタートラインになるのではないでしょうか。

 

<参考リンク先>

・広告に Google+ ページのおすすめ情報を表示する - AdWords ヘルプ https://support.google.com/adwords/answer/1722132?ctx=tltp&rd=1

 

・広告表示オプションで広告を強化する - AdWords ヘルプ https://support.google.com/adwords/answer/2375499?hl=ja&ctx=adxtab#social

プッシュ通知で更新を受取る

Facebookであとでみる

 - Google AdWords