誰でも一度は経験ある?検索のみのつもりがGDNに配信されてしまうミスを防ぐAdWords Editorの設定

      2013/10/05

検索・GDN


AdWords運用者であれば多くの方が経験したことがあるであろう、検索のみへ配信すべきキャンペーンの設定不備によるディスプレイネットワークへの広告配信という鉄板ネタがあります。(そんなミスしねーよ、という方は読み飛ばして頂ければと思います)

今回は、検索キャンペーンのディスプレイネットワークへの意図しない配信を回避するAdWords Editorの設定方法をご紹介します。

なぜミスが生じるか

そもそも、なぜ意図しないディスプレイネットワークへの配信という事態が発生するのかというと、上の画像のように検索ネットワークとディスプレイネットワークの双方へひとつのキャンペーンから配信ができる仕様に起因します。

 

検索ネットワークとディスプレイネットワークそれぞれのキャンペーンを作成せずとも、「最も多くのユーザーに広告を表示する」ことが簡単にできるというメリットからかと思いますが、CPCや配信量などが異なり運用方法が大きく異る2通りの配信方法を単一のキャンペーンで管理するケースは継続的な配信を行い改善を行っていく場合にはほとんどないと思います。

 

設定方法

[広告運用ツール] → [設定] → [デフォルトのキャンペーン設定] → [デフォルトのネットワーク]へいきます。

こちらの[ディスプレイネットワーク]の項目で配信の有/無を選択することができますのでこちらを「無効」へ設定すれば完了です。

検索・GDN2


ちなみに[検索ネットワーク]も以下よりデフォルトの設定が可能です。

・検索パートナーを含める

・Google検索のみ

・無効

用途に合わせてご使用下さい。

 

まとめ

今回ご紹介したのは、あくまでAdWords Editor上の設定のみになりますので、やはりキャンペーンの設定を行う際には細心の注意を払うことと、配信前に確認を行うことが必須です。

設定や仕組みで回避できることは防ぎつつ、意図しない結果にならないよう粛々とやっていきたいものです。

プッシュ通知で更新を受取る

Facebookであとでみる

 - Google AdWords