[AdWords]「検索クエリ」が「検索語句」へ変更されます。ところで「検索クエリ」は英語でなんという?

      2014/04/27

origin_3389581452.jpg


Inside AdWords-Japan: 「検索クエリ」の名称が「検索語句」に変わります

先日に引き続き「検索クエリ」などあまり一般的でない用語について、変更が行われるそうです。

以前の記事はこちら↓

[AdWords]タブや一部広告の名称変更「広告表示オプション」「詳細分析」「アプリ訴求広告」に | SEM HACKs

変更点は以下のとおりです。

<検索関連>

検索クエリ → 検索語句

<商品リスト広告>

プロモーション → プロモーション テキスト

<料金タブ>

キャンペーン アクティビティ → ご利用の詳細

<コンバージョン>

サーチ ファンネル → 検索ユーザーの行動経路

アシスト インプレッションによるコンバージョン → アシスト インプレッション後のコンバージョン

アシスト クリックによるコンバージョン → アシスト クリック後のコンバージョン

検索クエリ パス → 検索語句の経路

 

確かに一般的な用語に置き換えられ、分かりやすくなったように思います。

逆に慣れ親しんでいた人にとっては、少し慣れるまでは混乱しそうですね。

また、「検索クエリ」などは英語の場合、「Search query」の他「Search Term」と表現することもあります。

「サーチファネル」もそうですが、分かりやすい日本語訳に変換されていくのはユーザーにとって間違いなく良いことです。ですが、語源を知っておくことは元々の意味や概念を知るという意味で大切だとも考えています。英語でなんと言うかを調べてみるのも面白いと思います。(筆者は英語の管理画面に触れる機会が多いこともあり、逆に日本語訳をして調べております…)

プッシュ通知で更新を受取る

Facebookであとでみる

 - Google AdWords