[AdWords Editor]まってました!アップグレードによりアップグレード版サイトリンク管理が容易に

      2013/10/05

AdWords Editorが、バージョン 10.2へアップグレードしましたのでご共有。
今回は待っていた方も多いと思われる、アップグレード版のサイトリンクの管理が可能となっています。


アップグレード版のサイトリンクを管理


今までポチポチ管理画面から管理が必要で柔軟に設定することが難しかったですが、これによりより詳細に設定することが可能となります。

可能になったのは以下です。

  • キャンペーンまたは広告グループ単位でサイトリンクを追加、編集、削除できる
  • キャンペーンや広告グループ間でサイトリンクをコピー、貼り付けできる
  • インポート ファイルやエクスポート ファイルにも対応
  • サイトリンクのプラットフォームによるターゲット設定(すべてのデバイス、デスクトップとタブレットのみ、携帯端末のみ)を変更したり、サイトリンクのデバイス設定(すべて、モバイル)を個別に変更したりできる
  • サイトリンクを表示する開始日と終了日をスケジュール設定することも、特定の曜日や時間帯に掲載するよう設定することも可能
  • 広告グループ単位でサイトリンクを無効にできる
もう自由自在ですね。9月23日からの広告表示オプション自動アップグレードを前に完璧なサポートがありがたいです。
その他の変更点は以下のとおりです。

  • イメージ広告の上限ファイル サイズが一律 150 KB になりました。
  • 自動入札機能を使用しているキャンペーンで広告配信の集中化が可能になりました。
  • [ユーザー リスト] タブでユーザー リストを追加する際に、新しい [ユーザー数] 列で検索ユーザーに関する情報を確認できるようになりました。この列には、ユーザー リストごとの値が表示されます。値は、検索ユーザー数、検索ユーザー数が不明な場合はダッシュ(-)、ディスプレイ ネットワークのみを対象としているリストの場合は「ディスプレイのみ」のいずれかとなります。
  • [プレースメント] タブと [ユーザー リスト] タブに読み取り専用の [適用範囲] 列が新たに追加されました。この列には「掲載先の絞り込みと入札単価」と「入札単価のみ」のいずれかが表示されます。
  • サイトリンクと広告(動的検索広告と商品広告を除く)で、{ifmobile}{ifnotmobile} の動的挿入の入力形式を指定した URL を入力できるようになりました。
  • サイトリンクと一部の広告の種類で、リンク先 URL の上限文字数が 1,024 文字から 2,076 文字に引き上げられました。この上限文字数の変更は、テキスト広告、イメージ広告、テンプレート広告、サイトリンク(アップグレード版と従来版の両方)に適用されます。

目立たない機能も多いですが、細かいところまでフォローされていていいですね。
リンク先URLの文字数がヘルプの情報(2048文字以内)と異なるのが少し気になりますが。。

プッシュ通知で更新を受取る

Facebookであとでみる

 - Google AdWords