[AdWords]管理画面上で「期間比較表示」が可能に。使わないと損!

      2013/10/05

こちらの記事を拝見して、自分の環境でも確認できるのを今かいまかと待っていた、AdWords管理画面での「期間比較表示」をようやく確認出来たのでご紹介。

期間比較は必須

おそらく継続的にリスティング広告を出稿している広告主であれば、パフォーマンスの期間毎の比較は必須なはず。
媒体サポートにより業界のベンチマークの提示など比較要素はあるものの、広告主の状況はそれぞれのため、継続的な改善を行なっていくには自身の過去との比較を絶えず行なっていかなければなりません。

「時期的な要因」という結果は、思考停止ワードであり十分な比較分析ができていない場合の回答だと思います。このテーマにつきましては下記も参照してみて下さい。

(参考)リスティング広告における「時期的な要因」がもたらす弊害 | SEM-LABO
http://sem-labo.net/blog/2013/07/30/0851/

「期間比較」の使い方


日付していの箇所のメニューを開くと「期間比較」の項目がありますので、こちらをクリックしてオンにします。
上部で元となる期間を選択肢、下部の3項目より対象の期間を選択して「実行」です。


すると、レポート項目の上部に「+」ボタンが出現します。
これをクリックすると、それぞれの指標毎に比較期間、変更、変化(%)という項目が出現します。

キャンペーン単位だけではなく、広告グループ、広告、キーワード、ディメンションなどほとんどのタブのデータが対応しているようです。
また、このままの形態でCSVに出力も可能です。

期間比較が容易になることで、対応のスピードアップにつながりそうですね。

(ご参考※英語)
Easily compare your ad performance over time - Inside AdWords http://adwords.blogspot.jp/2013/08/easily-compare-your-ad-performance-over.html

プッシュ通知で更新を受取る

Facebookであとでみる

 - Google AdWords