[AdWords]1日の127 分を過ごしている、モバイルアプリ面への広告配信方法

      2013/10/05

あなたはスマートフォンで何をしていますか?私はRSSをチェックしているか、SNSなどでつぶやいていることがほとんどです。(実はipod Touch というのは内緒です)
両方共アプリを仕様しています。

GoogleがAdWords公式ブログにて以下のようなデータを紹介しています。

モバイル アプリは加速度的に人々の生活に浸透しています。2012 月末時点の Flurry Analytics における調査結果では、スマートフォン利用者は 1 日あたり 127 分をアプリ内で過ごしていることが明らかになっています(テレビ視聴時間は 168 分/日)。また、2012 年の別調査では、モバイル アプリの利用時間は 3:1 の割合でモバイル ウェブをはるかに上回っています。従来のように、モバイル ウェブへの広告配信のみでは、ユーザー獲得の先細りが懸念されます。

<引用元>
Inside AdWords-Japan: 一歩先のモバイル プロモーションへ モバイル アプリ面配信で獲得導線を大幅拡大 http://adwords-ja.blogspot.jp/2013/07/blog-post_25.html?spref=tw

今回は、AdWords からモバイル アプリ面へ の広告配信方法をご紹介します。

AdWords からモバイルアプリ面への広告配信は非常に簡単になった

現在、AdWrdsからモバイルアプリへの広告配信は非常に簡単になっています。

Google AdWords は、2012 年 6 月より世界最大級のスマートフォン向けモバイル アプリ広告ネットワーク「AdMob」と統合し、モバイル アプリを利用するユーザーに広くリーチできるようになりました。モバイル アプリへの広告配信では、Google Play Store や App Store のカテゴリーを選択することや、個々のアプリを直接指定することにより、ターゲットとするユーザーにリーチすることができます。

※AdMobとの統合については以下参照
Inside AdWords-Japan: AdMob とAdWords の一部統合により、さらに広がったモバイル プロモーションの可能性 http://adwords-ja.blogspot.jp/2012/08/admob-adwords.html

モバイルアプリに広告掲載するための設定方法

設定自体も特殊なものはなく、他のGDNのメニューと同様簡単に掲載を始めることが可能です。

1.専用キャンペーンの作成


まず、[ディスプレイネットワークのみ]を選択して新規キャンペーンを作成します。
次にキャンペーンタイプで[モバイル アプリ]を選択します。

2.携帯端末とタブレットの詳細設定


ここでは、広告を出稿する対象のアプリを「OS」「端末のモデル」「携帯電話会社とWi-Fi」のそれぞれを詳細に設定することが可能です。
訴求するサービス、サイトの仕様などに応じて選択しましょう。

その他、配信地域の設定や広告表示オプションなどが設定可能です。
用途やビジネスの形態によって使い分けましょう。

3.配信するアプリを選ぶ

2種類の配信方法があります。

  • Google Play Store や App Store のカテゴリーを選択
  • 個々のアプリを直接指定する


カテゴリを選択することが可能です。掲載を行いたい特定のアプリがない場合や、どのアプリに配信を行えばいいかわからない場合にはこちらから選択しましょう。
「iTunes App Store」「Google Play Android Apps」を選択すると、すべてのアプリがターゲットとなります。

掲載したい特定のアプリがある、またはアプリを個々に指定したい場合には、関連するキーワードやURLから探すことが可能です。

また、ターゲットを絞り込むオプションを使用することも可能です。
[インタレストとリマーケティング]という項目が選択出来ますが、現時点ではリマーケティングには未対応ですのでご注意下さい。

4.広告を作成する

以下の3つの広告タイプを作成することが可能です。

  • イメージ広告
  • テキスト広告
  • モバイルアプリを宣伝する広告

イメージ広告

今日現在、以下の規定となっています。高解像度ディスプレイ端末に対応している広告タイプもありますね。



テキストは一般的なものと同様ですので割愛させて頂きます。

モバイルアプリを宣伝する広告

[ディスプレイ広告ビルダー]を選択すると、作成が可能です。
このフォーマットを使用すると、アプリストアから直接アプリをダウンロードできる広告を作成することができます。

以上で作成完了し、広告の配信を行うことができます。
ほとんど通常のAdWords広告と変わらず、設定を行うことができます。

まとめ

モバイルにおいて、使用時間も長いアプリに配信する重要性は今後ますます増えていくと思います。また、使用する場面が決まっているアプリにターゲティングすることにより、ユーザーの行動、場所までを把握してアプローチすることも可能です。

ぜひ、モバイルアプリ面への広告配信にチャレンジしてみましょう。

<参考URL>
https://sites.google.com/site/adwvisualnavi/app
https://support.google.com/adwords/answer/1722057

プッシュ通知で更新を受取る

Facebookであとでみる

 - Google AdWords, スマートデバイス