[AdWords]住所指定オプションの掲載フォーマットが変更。より直感的に分かりやすい!

      2013/10/05


実店舗をお持ちのビジネスを営む広告主さんでは設定必須の広告設定オプションである『住所指定オプション』の掲載フォーマットが変更されていますのでご共有。


「住所指定オプション」とは?

広告に店舗の住所や電話番号、地図を追加することができるオプション機能です。
携帯端末で検索してから店舗へ向かうというユーザーも多いため、実店舗を持つ広告主にとっては重要な設定の一つです。

<参考>
住所指定オプションを設定する - AdWords ヘルプ https://support.google.com/adwords/answer/2404182?hl=ja

変更点は

いままで「+」マークの右に「神南1-20-9 渋谷区 東京都の地図を表示する」と、住所の記載も国外形式でした。また、住所をクリックすると、広告枠内に地図が表示されていました。

今回の変更では、Googleマップでお馴染みのピンマークの横に一行で住所が表示される仕様となっております。また、クリックするとすぐにGoogle地図検索結果へ遷移しているため、以前に比べステップが簡略化していますね。

※既にほとんど(すべて?)の掲載面に対して反映がされているのか、以前の形式のものは見つかりませんでしたので、下記記事をご参考頂ければと思います

<参考>
住所指定オプションを活用しよう-AdWords | SEM-LABO
http://sem-labo.net/blog/2010/08/13/0379/

プッシュ通知で更新を受取る

Facebookであとでみる

 - Google AdWords