非営利団体をAdWordsで支援する「Google Grants」のご紹介

      2013/10/05

先日、Yahoo!のYDNを利用した社会貢献活動支援サービス「Links for Good」をご紹介いたしましたが、GoogleもAdWordsを利用した同様のプログラムを行なっていますのでご紹介。
その名も「Google Grants」と言います。

Google Grants – 非営利団体向け AdWords – Google Grants

<参考>
「クリックで、世界を変える。」ヤフー、「YDN」で社会貢献活動の情報と個人をつなぐ「Links for Good」の提供を開始 | SEM-HACKs


Google Grants とは?

TOPページに設置してある動画をご覧頂ければ、よくわかりますね。

Google のオンライン広告サービスである AdWords を非営利団体に提供するプログラムです。Google Grants に登録すると、1 か月あたり 10,000 ドル分の AdWords™ 広告費が助成され、Google 検索で目標や取り組みを宣伝できます。

利用できる非営利団体

以下の要件を満たす団体が、このプログラムを利用できます。

  • 現時点で、特定非営利活動法人としての認定を受けている。
  • 申し込みに必要となる条件(不当差別について、寄付の受領および使用について)に同意している。

ただし、以下の団体は 利用ができないよう定められています。

  • 政府機関や事業体
  • 病院や医療団体
  • 学校、保育所、学術機関、大学(ただし、教育団体の慈善事業部門は可)
  • 政党、政治団体、ロビー団体

様々な制限があります

  • 1 日の予算は 330 米ドルに設定されます(1 か月の予算は 10,000米ドル)。
  • クリック単価の上限は 2 米ドルです。
  • Google 検索にのみ広告を掲載できます。
  • テキスト広告のみを掲載できます。
  • Grants の AdWords アカウントを積極的に管理している限り継続してご利用いただけます。
  •  ウェブサイトを持っていて、広告がウェブサイト上のページにリンクする必要があります。
  • ターゲットにするキーワードは、お客様のプログラムやサービスと関連のある必要があります。
  • Google Grants に参加している間は、Google AdSense やアフィリエイト広告リンクなど、収益をもたらす広告をウェブサイトで表示することはできません。
  • アカウントが有効になると、広告キャンペーンの管理は常に各参加団体に一任されます。

さらに、以下ような制約も。

  • Google からのメールでのリクエストに対応する。
  • 毎月ログインしてキャンペーンの掲載結果を確認し、必要に応じて設定を調整する。

 当たり前だろ、とおもわれるかもしれないですが、人員も少ないことが多く一人が複数の役割を担うことが当たり前な非営利団体では、意外とハードルが高いのではないでしょうか。

現在、多数の申し込みがあるようなので、上記制約に反する場合は、以下の対応がとられるとのこと。

  • 3 か月連続してアカウントにログインしていない場合、または Google からのメールによるリクエストに対応していないことが判明した場合、アカウントは予告なく自動停止またはキャンセルされることがあります。

もちろん、商品を広告したり本来の目的を逸脱することはNGです。

このように、プログラムはあるものの管理するのは案外手間になるケースもあるのではないだろうか。
私が知っているところでは、アナグラムさんが「Google Grants」活用を支援するサービスを行なっています。個人的に、このようなプログラムはもっと広まっても良いのではないかと思います。
「Links for Good」や「Google Grants」な活動を通して、検索連動型広告がもっと気軽に使えるサービスとして認知が広がれば嬉しいですよね。

アナグラム株式会社 | Google Grants運用

プッシュ通知で更新を受取る

Facebookであとでみる

 - Google AdWords