スマホやタブレットの地域配信って、どうやってユーザーの場所を判別しているの? - SEMHACKs

スマホやタブレットの地域配信って、どうやってユーザーの場所を判別しているの?

      2015/08/13

OUR INTERNATIONAL AUDIENCE
ちょっと聞かれることがありましたので、整理がてら。
「地域配信できます!」ではなく、「どうやって」を知っておくと説得力が違いますよ。

まず、前提としてですが、Yahoo!プロモーション広告にしてもGoogle AdWordsにしてもほとんどのメニューで地域配信(エリアターゲティング)が可能です。
(※ガラケーやYDNの一部の「その他の広告」は不可)

地域を限定してビジネスを行っている広告主さんには非常に強い味方です。
さて、ではどうやって配信するユーザーを判定しているのでしょうか。

パソコンユーザーの場合

関心のある地域

  • 検索語句(検索クエリ)の中に識別可能な地域名が含まれている場合
  • Google マップに表示された地域内で検索された場合
  • Google 検索結果にカスタム地域が設定されている場合

 

Google ドメイン

こちらは国レベルでのお話です。(Google.comやGoogle.co.jpなど)

所在地(IP アドレス)

パソコンや端末の位置情報を利用できる場合は、それに基づいてユーザーのおおよその所在地を特定します。通常、この位置情報はパソコンのインターネット プロトコル(IP)アドレスに基づく情報です。IP アドレスとは、インターネット サービス プロバイダがインターネットに接続されている個々のコンピュータに割り当てる固有の番号です。

 Google プロフィール

これは知りませんでした。こんなトコロにも使われてるんですね。

Google ディスプレイ ネットワークの広告は、ユーザーの Google プロフィールに登録された地域に基づいて、掲載のタイミングが決定される場合があります(ユーザーが Google アカウントにログインしている場合のみ)。なお、ユーザーの Google プロフィールの地域と IP アドレスに基づく地域が異なる場合は、両方の地域を掲載対象とする広告が表示されます。

では、スマートフォンなどのハイエンド携帯端末の場合は、PCとどう異なるのでしょうか。

スマホ、タブレットの場合

関心のある地域(対象地域)

こちらはPC同様です。
以下はPCと仕様がことなっています。

 端末の位置情報

持ち歩くことを前提としているスマートフォンで有効な機能となります。
通信方法と端末に依存する情報ですが、以前に比べるとその精度は上がってきているのではないかなぁとユーザーとして感じることもしばしばです。

現在地機能が有効になっている端末では、Google 検索の際にユーザーの正確な位置情報を取得できます。Google では、次の方法で得られる位置情報の中から最も精度の高いものを使用します。

  • GPS: 精度は GPS 信号と接続状況に左右されます。
  • Wi-Fi: 精度は通常の Wi-Fi ルーターのアクセス範囲と同程度です。
  • Google のセル ID(基地局)による位置情報データベース: Wi-Fi や GPS がない場合に使用されます。精度は地域内の基地局の数と利用可能なデータ量に依存します。また、セル ID 位置情報をサポートしていない端末もあります。

 

所在地(IP アドレス)

こちらは、PCに比べ利用頻度はかなり落ちるでしょう。よって母数が少ないのではないかと考えます。

携帯端末が Wi-Fi ネットワークに接続している場合は、その IP アドレスから所在地を特定できます。携帯端末が携帯電話会社のプロキシ サーバーに接続している場合は、その会社の IP から端末の場所を特定します。

Google の検索履歴

ユーザーの最近の検索内容から位置情報を取得し、大まかな所在地を推定して関連性のある広告を掲載します。

過去の検索履歴も利用しているんですね。

スマートデバイスにおける地域判定のこれから

先日、[Google Now]を使っている会社の方の様子を見させてもらったところ、出張先からの帰りのフライト情報まで表示をしてくれるのに驚きましたね。さらにはそこからルート検索を行うこともできるのです。

個人情報の流出など、懐疑派は一定数いることでしょうが、個人的には価値があるのならその先をみてみたいと感じます。
今後ますます、端末普及による検索のローカル化、パーソナライズド化は加速度的に広まっていくことになると思いますが、“広告”の部分がどう進化していくかは非常に興味深いです。

Google Japan Blog: Google Now、 iPhone と iPad に登場


参考:ユーザーの地域の判別方法(ターゲット地域を指定している広告の掲載先が決まる仕組み) - AdWords ヘルプ

プッシュ通知で更新を受取る

Facebookであとでみる

 - スマートデバイス, リスティング広告