ネット広告の基礎はこれで学んだ!「ネット広告ハンドブック」の改訂版が出版

      2013/10/05

徳久 昭彦 日本能率協会マネジメントセンター 2013-05-26

私が新卒の時代に教科書代わりに渡された最初の書籍が、「ネット広告ハンドブック」です。
当時と現在ではネット広告やマーケティングを取り巻く環境は大きく変化しており、当時聞いたことのなかった用語や仕組みが多く出てきております。

そのような環境に対応すべく、今回『改訂版 ネット広告ハンドブック』がデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社より発売されておりますのでご共有。

◆改訂版出版の背景
 本書は、広告やマーケティングをより効率的に行う上で、インターネットの活用が不可欠になってきていることを受け、インターネット広告業界特有の用語や仕組み、その仕組みを支える技術等について、網羅的かつ具体的に解説することを目的に2009年に出版いたしました。2011年にはソーシャルメディアの流行やスマートフォンの台頭、マスメディアのデジタル化などを受けて、追加情報を盛り込んだ改訂版を出版いたしましたが、それから2年間の間に、ディスプレイ広告におけるRTB(※1)取引の登場やマーケティング手法の拡大、データ分析の発展など、インターネット広告を取り巻く環境は劇的に変化いたしました。
 このたびDACは、このようなインターネット広告における最新市場動向に対応するため、媒体情報や調査データを更新し、またRTB取引やO2Oマーケティングなどの最新トピックスについても大幅に加筆した最新版を発行する運びとなりました。

『改訂版 ネット広告ハンドブック』 出版のお知らせ | インターネット広告 DAC http://www.dac.co.jp/press/2013/handbook.html より引用

内容としては、インターネット広告の最新動向からインターネット広告の手法やプランニング方法、広告効果測定方法、アドテクノロジーの業務内容まで、まさに必携の「ハンドブック」といったないようです。

どうしても実務で関わっている専門部分以外の知識は不足しがちです。。。
ネット広告業界の現在を改めて見直してみたいと思います!

プッシュ通知で更新を受取る

Facebookであとでみる

 - 書籍