[Google]人は検討から購入までどのように”旅”をする?マルチチャネルマーケティングにヒントを与える「The Customer Journey to Online Purchase」が公開 - SEMHACKs

[Google]人は検討から購入までどのように”旅”をする?マルチチャネルマーケティングにヒントを与える「The Customer Journey to Online Purchase」が公開

      2013/10/05

The Customer Journey to Online Purchase – Think Insights – Google

検討から実際の購入まで、人はどのように“旅”をするのか。

Googleがマーケティングに関する情報をまとめている「Google Think Insight」で、マルチチャネルマーケティングにヒントを与える「The Customer Journey to Online Purchase」が公開されているのでご紹介。

ユーザーが広告主のウェブサイト上で購入、もしくはそれに値する行動を起こすまでの間、ユーザーはディスプレイ広告を見たり、検索したり、ソーシャルネットワークで情報を得たりする等、様々な気づきや行動を経ています。

The Customer Journey to Online Purchase」は、その一連の気づき、行動の全て評価し、最適化するためのヒントとなるベンチマークツールです。

購入までの顧客の動きについて、各国のベンチマークを業界別、チャネル別に確認することができます。日本を選択することも可能となっていますね。

試してみました。

下記は、日本の旅行業界のデータです。
項目は以下の様なものとなっています。

・購買プロセスにおけるチャンネル別の影響度
・チャンネルにおける影響度比較 アシストvs最終的な成果
・日次、段階別オーダーの価値
・当日、ファースト・コンタクト以降から発生する売上比率

傾向としてはソーシャルメディアでの初回接触を経て、検索→直接訪問→購入(申し込み)というケースが多いようです。

ユーザーへアプローチできるメディアの種類が増えたことによって、最適な予算配分についての相談をクライアントから受けるケースも増えてきているように思います。
詳細なデータではありませんが、ひとつのベンチマークとして参考にしてみてはいかがでしょうか。

The Customer Journey to Online Purchase(英語):
http://www.google.com/think/tools/customer-journey-to-online-purchase.html?utm_medium=post_042513&utm_source=blog&utm_campaign=cust_journ

プッシュ通知で更新を受取る

Facebookであとでみる

 - Google AdWords, データ, 便利ツール