レコメンドバナーをクリックした後は「検索」率が高い-[性別・年代別動向調査]ユナイテッド株式会社

      2016/02/29

レコメンドバナーに関する性別・年代別動向 | tradingdesk.jp

最近見る機会が増えてきた、「レコメンドバナー」における性別・年代別調査を、ユナイテッド株式会社のトレーディングデスク事業部が発表しています。
その意外な結果とは?

・調査対象:ユナイテッドが運営するターゲットリサーチパネル
全国 20~50代男女
・調査方法:インターネットリサーチ
・調査地域:全国
・有効回答数:800サンプル
・調査期間:2013年1月

※レコメンドバナーのサンプルをアンケート画面に掲出し、
「レコメンドバナー」という広告形態をユーザーに確認させた上での結果となります。

調査内容は以下の3つ。

①レコメンドバナーを見たことがあるか。また、クリックしたことはあるか。
②レコメンドバナーが興味ある広告である割合は?
③レコメンドバナーをクリックした後の行動は?

詳細はリンク先を参照頂きたいが、大まかにまとめてしまうと、
「女性はあまりクリックしておらず」「興味のある広告ではないケースが多い」、
また、「クリックしたあとは購入や申込みするより、”検索”を行う人が多い。特に男性」

単純に追い回してアプローチしても高いコンバージョン率は見込めず、中間商材としてアトリビューション的な全体効果を見極める必要がありそうです。

プッシュ通知で更新を受取る

Facebookであとでみる

 - データ