[AdSense]「広告レビューセンター」で広告のランディングページを確認可能に - SEMHACKs

[AdSense]「広告レビューセンター」で広告のランディングページを確認可能に

      2013/10/05

リスティング広告(Google AdWords)運用者は、出稿中のAdWords広告の知識は高いですが、意外とAdSenseとしての知識を得る機会は少ないのではないでしょうか。

サイトへ掲載される広告を管理する側から見た「AdSense」に関する情報も取り上げていきたいと思います。

今回は、サイトに表示されるAdsenseの広告を確認することができる機能「広告レビューセンター」を
ご紹介いたします。

ランディングページを見て広告の管理が可能に

この機能は最近追加されたようで、今までは「カテゴリ」「ネットワーク」「広告主のURL」の単位で、
サイトへ表示させたくない広告をブロックするなどの管理が可能でした。
パフォーマンスをみてブロックするカテゴリやネットワークを決めることはできても、実際にどのような商材かは、自サイトのAdSenseのクリックはNGなので確認することは難しかったのです。

使用方法は以下をご参照ください。

要確認!自サイトのGoogle Adsense 広告は「広告レビューセンター」でランディングページを確認できるように! | 男子ハック

コンテンツがますます重要に

これまでは、広告のクリエイティブや出稿主のブランドのみで判断されていたAdSenseの出稿可否判断が、ランディングページまでみて管理することが可能となりました。
いくらバナーのクリエイティブがすごくとも、ランディングがイマイチならば広告主にブロックされてしまうこともあります。
ランディングページが確認可能になったことで、コンテンツ重視の傾向はより強くなっています。

プッシュ通知で更新を受取る

Facebookであとでみる

 - AdSense