全国交通系ICカード相互利用開始!これだけは注意したいこと - SEMHACKs

全国交通系ICカード相互利用開始!これだけは注意したいこと

   

本日2013年3月23日より、全国の交通系ICカードの相互利用サービスが開始されましたね。
これだけは注意しておきたいポイントをご紹介。

何が変わったの?

これまで、いつもSuicaを使っていても、関西へ出張した時にはその都度必要な切符を購入するか、ICOCAやPiTaPaを購入して使う、という具合に非常に面倒でした。

今後はどれか1枚あれば、各地域の電車やバスを一枚のICカードで利用できるようになりました。

相互利用できるようになった交通系ICカード

・Kitaca(JR北海道)
・PASMO(株式会社パスモ)
・Suica(JR東日本)
・manaca(名古屋市交通局)
・TOICA(JR東海)
・PiTaPa(株式会社スルッとKANSAI)
・ICOCA(JR西日本)
・はやかけん(福岡市交通局)
・nimoca(株式会社ニモカ)
・SUGOCA(JR九州)

これだけは注意!エリアをまたぐ利用はできない

首都圏のPASMOとSuica、九州のSUGOCAとはやかけんの一部除き、エリアをまたぐ利用はできない点には注意が必要です。

どういうことかというと「ITmedia」の例が分かりやすかったので以下引用させて頂きます。

従来の相互利用と同様、基本的にはエリアをまたいだ利用はできない。問題になるのはJRの場合だ。東海道本線は東京~熱海がSuicaエリアで、熱海から西の函南~関ヶ原はTOICAエリア。エリアをまたいで利用はできないため、同線で東京から熱海より西に行く場合はSuicaが使えない。横浜からSuicaで乗車し、名古屋駅でSuicaで下車するといったことはできない。

あまり該当することはなさそうですが念のため、注意しておきたい点です。
また、ほかエリアではオートチャージが無効となりますので残額にも注意しておきたいですね。

ほかにも「PiTaPa」の電子マネーはほかエリアでは使用できないそうです。
お持ちのかたは注意が必要ですね。

(参考)
全国交通系ICカード相互利用が始まる できること・できないこと (1/2) - ITmedia ニュース

まとめ

私も、定期的に関西へ行く機会がありますので、このサービスは非常に有難いです。
上司を切符購入で待たせることもありませんしね。

プッシュ通知で更新を受取る

Facebookであとでみる

 - Unclassified